女の人

ドロドロ血液は有機田七人参で改善|有機農法で育てられた栄養成分

お腹の調子を整えてくれる

女性

便秘にも下痢にも効く

乳酸菌にはさまざまな効果・効能がありますが、一般的に最も知られているのが便秘や下痢の予防効果です。乳酸菌を配合した食品や飲料品は、トクホ(特定保健用食品)として「お腹の調子を整える食品」とラベルやパッケージに表示することが許可されていることからも、その効果は明らかです。便秘に対する効果は、これまでに行われた数多くの臨床実験により証明されています。ブラジルで5歳から15歳までの子供たちを対象として行われた実験では、1日あたり約1mlのヨーグルトを約5週間に渡って食べさせたところ、排便回数の増加や排便における肛門の痛みが緩和されたことが報告されています。また、慢性的な腹痛を和らげてくれることもわかっており、便秘や長く続く腹痛で悩んでいる人は、ヨーグルトなどの乳酸菌を含む食品を食べることで、楽になる可能性が高いです。上記の実験からわかるように、摂取する食品の分量はそれほど多くなくても構いません。食品の量が少なくとも、乳酸菌はその中にたくさん含まれているので、十分な効果が期待できます。また、別の実験により、下痢の予防効果があることもわかっています。便に含まれる水分が少なすぎると便秘になりやすくなり、逆に水分が多すぎると下痢や軟便になってしまいます。乳酸菌が腸内で働くことにより、便に含まれる水分量をちょうどよい状態に保ってくれるため、便秘と下痢のどちらにも高い効果を発揮すると考えられています。